上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルアンパパーンからタイに抜ける方法は3つあったけど、せっかく来たしゆっくりメコン川を上って行くことにした。1泊2日、1日10時間のスローボートの旅。
R0012056.jpg

景色は言うことなし!!
でもさすがに10時間は長くてみんな寝てました。
R0012075.jpg

夕方にパークベンに着き、一緒にボートに乗っていたメイクのGHに行くことにした。
「ベリークリーン!! ホットシャワー!!」って言っていたけど、、、ホット出なかったし、言うほどきれいじゃなかったぜ、、、メイク!!
でも、ご馳走になった夕食は最高!!
このおかず達と大量のカオニャオ(モチ米)でお腹いっぱい!!
R0012082.jpg
メイクと彼女。
結婚まだって言ってたけど、すでに家族みたいで家族みんなもほんと仲がよかった!!
メイクは将来ポリスになるため、ルアンパパーんの大学で勉強してるんだって。。
R0012087.jpg

2日目は国境の街、フエーサイまで。
どこからきたの?! って風景や、
R0012090.jpg
こんなとこで降りてどうすんの?! バイクもどうやって乗って行くの?! っていう途中下船があったり、
R0012093.jpg
どこへ行っても大自然のラオス!!
R0012096.jpg
2日で20時間はさすがに飽きたよ!!
R0012098.jpg


スポンサーサイト
2009.10.14 伝統。。

早朝5:30に起きて、托鉢を見に行った。
通りにひざまずいて僧侶を待って、やってきた僧侶にモチ米を渡す。

どこから来たのかわからないぐらいの僧侶達。
ちゃんと年齢順に並んでいる。。
R0012013.jpg
ツアーもあるっぽい、、、
R0012016.jpg
モチ米を受け取り、お経を唱える場面もあった。
R0012021.jpg

でも、この伝統は薄れつつあるらしい・・・
若者はほとんどやらないし、宿のオーナーも「僕は寝てるけど、、、」って言っていたし。
実際見ても、お年寄りばかりで、しかもまばらだった。



午後は滝壺へ。
近くに泳げる滝壺があるので行ってきました。
R0012033.jpg
エメラルドグリーンです!!
R0012026.jpg
またもやターザンジャンプ!! 俺こういうの大好き!!
R0012040.jpg
めちゃくちゃ気持ちいい!!
R0012037.jpg

帰りに小さな村に寄った。。
こんな小さな子も店番をしてたけど、、、
いたずらすると、笑って追いかけてくるような、遊びのほうが大事な子供達!!
R0012047.jpg
ルアンパパーンは、ラオスの古都。日本で言えば、、、京都!!
バンビエンからはずっと山道でバスが銃撃されたこともあるらしくちょっと恐かった・・・
街には80もの寺院があって、歩いているとたくさんのお坊さんにも出会えます。。

町並みもどこか懐かしい感じ。。
R0011974.jpg
丘の上(プーシー)から見た町並み。
R0011977.jpg

夜にはナイトマーケットが出て賑やかで、おいしそうな屋台もいっぱい!!
この焼き鳥が劇旨!!毎晩食べちゃいました。。
R0012052.jpg

帰り道、宿のオーナーが仲間と夕食を食べていて、ご一緒させてもらうことになり・・何回乾杯したことか・・ビールもご馳走になっちゃいました。。
友達の赤ちゃんも一緒。シャイでなかなか笑ってくれなかったけど・・・
R0012002.jpg

ラオスの人たちは、本当にフレンドリー!!
海外で声をかけてくる人は、何か企んでそうなに見えるけど、ラオスってそんなことはなくてほんといい人ばかり!!我が強い国に囲まれているのに、、、不思議だなぁ?。。
家族みんなでご飯食べたり、近所の人たちとも仲いいし!! すごく居心地がいい。。

ビエンチャンから3時間のバンビエンです。ソン川と緑に囲まれた静かな街なんですが、街は欧米化が進んでいます。見所はないものの大自然とピースフルな雰囲気に旅行者が集まってきます。。
R0011919.jpg
川沿いのGHからの眺め。
R0011924.jpg

バンビエン名物のチューブ下りに行ってきました。
人数が集まったらトゥクトゥクがソン川の上流まで連れて行ってくれ、そこから浮き輪に乗って川を下っていきます。途中にターザンジャンプが何ヶ所もあってビア・ラオ(ラオスのビール。東南アジアで1番おいしいと思う)を買えば跳び放題です!!
結構高い、、、
R0011936.jpg
泳げない人はやめておきましょう! マジで流れ早いです!!
R0011933.jpg
大型滑り台なんかもあったりして楽しいですよ?。
R0011944.jpg
風景は最高!!
R0011947.jpg
ただ3時間流されっぱなしで、、、ゴールはないので適当な場所で終了です。。
R0011959.jpg

まぁ、ラオスっぽさはあまり感じられなかったな。。

おまけ。
20cmものやもりを見たのは初めてです!!
安宿はどこでもこいつがいますよ?。
R0011968.jpg


ラオスの首都・ビエンチャンにいます。

が、、、首都!!って言えるのかってぐらい小さい!!
ビルもほとんどないし、車もあんまり走ってないし。

「ラオス、田舎過ぎてビックリするよ?!!」
「な?んもしないってことをしに行くとこだよ?!!」

って聞いていたけど、
まさにそんな感じです。。

メコン川が目の前に流れていて、夕日を見ながらビールを飲む!!
これが一番の贅沢です。
ちょっと霞んでいるのがまたよいです。。
R0011868.jpg
夕方になると川沿いに屋台が出て、ロケーションは最高!!
R0011871.jpg


ラオスは伝統的にサウナに入る習慣があるらしくて、各地に薬草サウナがあると聞きつけ、行ってみました。 10000kip(100円)を払い、腰に巻くサロンをもらいます。 サウナは男女別れていますが、休憩場所は混合です。
R0011862.jpg
サウナは薬草の香りがして、温度も高すぎず、長く入っていられます。
これを5,6回繰り返すのがラオス流らしいです。。

まぁ普通に入っていたら気持ちいい?で終わるのですが、、、


痴漢に遭いました・・・マジで・・・


1回目が終わり休憩していると、おっちゃんがオイルらしきものを塗っているので、見ていたら、
「君も塗りなよ?塗ってからサウナに入るとさらにスッキリするよ?」
試しに塗ってみました。
「じゃぁ一緒に入ろうぜ?」
って、まぁここまでは普通です。

で、狭いっていっても10人は入れるサウナなんですが、隣に座らされました。
そして、おっちゃんの手は俺の膝。
真っ暗だから誘導してくれたのかな?! ありがとね?!!
と思っていたんですが、なかなか手が離れません・・・

そのうち、手が内側の太ももをなぞるように、、、、
すぐさま手を振り払い、逃げるように外へ!!!

全身鳥肌・・・ マジでびびった・・・

さらに、違う人からも被害に遭うことに・・・


ラオスってゲイが多いのか?!
よくわかりませんが、行く人は十分気をつけて下さい!!

サウナは最高ですから!!!









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。