上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クチ・トンネルを見に行くことにした。

ベトナム戦争当時、南ベトナム解放戦線によって掘られた総距離200kmのも及ぶ地下トンネル。
1万人もが、ここで10年間も生活しながらアメリカ軍と闘った。

どこにトンネルがあるかわからず、枯葉剤が投下されることになってしまったが、最後までアメリカ軍はトンネルを攻略できず撤退することになったトンネルでもある。

今は一部が観光できるようになっていて、実際にトンネルに入ることができる。
小柄な俺でも立って歩くことができないほど狭く、中は蒸し暑い・・・
大柄なアメリカ人が入れないような構造でもあるらしい。


当時のまま残っているトンネル。入り口は女性でもギリギリ・・。お腹の出た人は入れません。。
中は狭い、真っ暗、そして暑い・・・。
R0011435.jpg
本日のガイドさん。
R0011442.jpg
鉄針のトラップ。鳥肌たちました・・。
R0011437.jpg
別のトンネルの入り口。ここは少し明かりがついてます。。
R0011448.jpg
トンネルの中。トモコの足。ずっと中腰。たまに真っ暗、そしてかがんでも通れないところも・・。欧米人はずっとハイハイ。大量の汗・・。
R0011452.jpg

行きに寄った工場。枯葉剤の影響を受けた人が働いています。ここで作るものはすべてハンドメイド。カップの中は、卵の殻を砕いたものが入っています。
R0011424.jpg
完成品。本当にきれい!!芸術品です!!
R0011428.jpg  

今日でベトナムは終わりです。
ぼったくりの噂ばかりだったけど、、、そんなことはなくみんな笑顔で、35年前まで戦争してたなんてと思うぐらいの成長とバイクの多さ(国民の80%が乗ってる)にほんと驚いた。。

次なる国はカンボジアです!!


スポンサーサイト
昨日、テンションが下がりながらも、夕食を食べていると、隣のテーブルにおつまみナッツ(日本語)が?! 見ていると、、、
「日本人??」と、ベトナム人のおっちゃんに話しかけられ、
「はい。。」というと、
「食べなよ?!」と小皿に分けてくれた。
「???」と思っていると、
「俺ねー日本に帰化して、今は吉原ゆうじって言うのよ。日本とベトナムを行き来の生活をしてて、今はベトナムで仕事なのよ。」

聞けば、ベトナム戦争後日本に来て、20年前から日本で潰れた会社からプレスの機械などを安く買って、ベトナムで売る商売をしているんだって。
日本人と結婚してから帰化し、大学生と高校生の子供もいるらしい。

「元はベトナム人だけど、ベトナム料理が嫌いでさー、荷物は日本食ばっかりだよ」といって、
納豆や、なすの浅漬けをもらい、ビールも何本もご馳走になった。。

「20km先に機械が置いてある倉庫があるからさー明日見においでよ!!」とのお誘いで、今日はその倉庫を見に行くことになった。

でっかい倉庫には見たこともない機会ばかりで、、、
R0011395.jpg
R0011416.jpg

「前は全部自分でやってたけど、今は親戚5,6人に任して、俺は機械を見て値段をつけるだけで、いつも遊んでるよ。」といって、ここでも昼から酒盛りが。
R0011399.jpg
ベトナムの社長さんと赤ちゃん。まだ4ヶ月と生まれたばかり。
R0011400.jpg

「今はいいけど、昔は大変だったよ?、日本に来たときは言葉もわからないし、知っている人もいないし、仕事しても外国人だから給料安かったしさー、商売始めてからも騙されて借金ばっかでさー」
と、いろんな話をしてくれた。

ほんといろんな生き方がある。
旅では思いのしない出会いがあるものです。。

吉原さん!ありがとうございました!!
また、日本で会いましょう!!

おまけ。。。
倉庫の前には、国営の遊園地が!!ガラガラでベトナム人しかいませんでした。。
R0011403.jpg
まったく怖くなかったジェットコースター。
R0011408.jpg
やっぱり遊園地といえば・・観覧車。
R0011410.jpg
朝6時にホーチミン到着。
今回のバスも最初はがらがらだったが、途中乗車・下車の多いこと!!
バイクをバスに乗っける人も初めて見た・・

ハノイは政治の街に対して、ホーチミンは経済の街。
人口も700万人を超え、バイクもさらに多いです。外資系の会社も多く、駐在員の方も多く住んでいて、リトル東京と呼ばれる通りもあるほどです。

僕らは、世界中からの旅行者が集まるエリアに宿を取り、早速散策へ。

フランス統治時代の建物が多く綺麗だが、クラクションの音や、バイクや屋台の量を見るとアジアだなぁ、、、ってかんじがするホーチミンです。。

ベンタイン市場。地元民でもボラれるらしいです。。。
R0011380.jpg

昼過ぎには、ベトナム戦争証跡博物館に立ち寄った。
外には、何台もの戦闘機と戦車。
R0011387.jpg
投下された爆弾。。
R0011388.jpg

ここはベトナム戦争時の、米軍によるさまざまな虐殺、破壊行為の写真、枯葉剤の影響で生まれた奇形児についての説明やホルマリン漬けの異常胎児などが、展示してある。
写真を撮れたのは入り口付近だけで、そこからは目を背けたくなるような写真ばかりだった・・・
アメリカと旧ソ連の冷戦時代の、「代理戦争」とも言われているベトナム戦争だが、実際にはベトナム人同士の戦争で、200万人以上もの命が失われたらしい。
その多くは、子供、女性、お年寄りで、戦争の被害に遭うのは一般市民、、、
そして、枯葉剤の影響でいまだに苦しんでいる人がいるという現実、、、

戦争は終わることはない・・・ そんな言葉もあった。

戦争を体験してないが、、、戦争をして、いいことなんてなにもないんだと思う。
失うものばかりで、戦う意味さえもわからなくなっていくんじゃないのか?!
でも、世界中から戦争は無くなってない・・・

どうしてなんだろう???










2009.09.26 泥スパ!。。
ニャチャンにスパがあると聞きつけ、GO!!
悪路を進むこと7km。 ありました、HOT SPRIHG SPA!!
R0011377.jpg
MUD?! 泥らしいです!!
100000ドンで泥風呂、ハート型の湯風呂、横から叩きつける?!噴水、温水・冷水プール、、、etc
すべて入り放題です。
2日間の日差しで受けた肌のダメージと、海の疲れをとるのにもってこいです!!

でも1つ問題が、、、全部海水入りで、しょっぱい・・・

シャワーを浴びて、最初は泥湯。 湯船は幾つもあり、衛生管理バッチリで、僕らが入ってから泥を入れてくれます。 ベトナム人夫婦との相風呂で、みんなで泥を掛け合い、マッサージをすると、、、肌はもうツルツル!!
日本のエステよりお手軽ですよー(トモコ談・・)

右が泥ゾーン。左が湯ゾーン。
R0011372.jpg
この中に大量の泥湯が入ります。。
R0011373.jpg
ベトナム人ご一行様。カメラを向けたら、喜んでピースをしてくれました!!
こんな感じでみんな入ってます(笑)
R0011374.jpg

その後は、プールで遊んでかなり楽しんじゃいました!!

3時間ほど楽しんで宿へ。
宿へ帰ると突然、滝のような雨が・・・タイミング良すぎです。
ご飯を食べに行けず、劇団ひとり似のスタッフのにーちゃんとしゃべっていると、、、話題は車のことに。
「ベトナムで車っていくら位なの?」
「めちゃくちゃ高いぞ!!」
「で、いくらなの?」
「日本より高いさ!! 知ってるか?! ベトナムは全部輸入に頼っているから、税金が250%かかるんだぞ!!
250だぞっ!! 安くなんないのか?」
「俺に言われても・・・」

バイクが多いのって仕方がないんですね。 
戦後、自力で国産車を造った日本人、まじで尊敬します。

今日の夜は、ホーチミンへ移動しまーす!!

ボートトリップに行ってきました!!

7kmのビーチの先に港があり、そこから何隻もの船が出港してます。
僕らの船は20人乗りぐらい。
R0011330.jpg
ノリノリの船長さんでした。
R0011332.jpg
昼食も船の上で。
R0011339.jpg
昼からは、ダイブしたり。。
R0011341.jpg
割と高かったです。
R0011342.jpg
生演奏もありました。
最初はベトナムの歌で盛り上がっていたんですが、、、
日本代表で、上を向いて歩こう、アカペラで歌っちゃいました。。
R0011347.jpg
泳ぎながらワイン!! なかなかでした。
R0011353.jpg
漁村なんかにも寄ったりして。
R0011357.jpg
 
いろんな島に寄りながら、シュノーケルしたり、ときには海のど真ん中でダイブしたり、ワイン飲んだりと、、、、1日楽しめるボートとリップでした。

おすすめです?!!
やってきました!! ニャチャンです。。
ベトナムでビーチ?! ってイメージないとおもいますが、、、ベトナム人にとっては昔からリゾート地だったみたいです。 日本ではまだあまり紹介されてないけど、あちこちで建設ラッシュのニャチャンなので、観光リゾート地になるのは近いんじゃないかなぁ。。

バスは16時間で、着いたのは朝6時。 でもすぐにビーチへ!!
フエでの大雨で天気が心配だったけど、、、快晴でした。。
R0011301.jpg
7km続いているビーチ。
R0011302.jpg
歩いても歩いても続くビーチ。
R0011308.jpg
南国ってかんじでしょ!!
R0011309.jpg
 
気持ちよすぎ!! 
ん?! でも観光客がちらほらであんま人がいない・・・
日差しがきつすぎるのか?!

夕方行ってみると、どこから?!ってぐらいの地元人の多さ!!
地元民は朝夕海に入るんですね。。 

ニャチャンといえばもう1つ、、、シーフードが有名!!
路上でもどでかいロブスターが!!
相場はよくわからないんですが、1kgで10$しないです。。
R0011320.jpg

夕飯はちょっと贅沢してシーフード鍋食べてきました!!
2人では多いぐらいだし、、、ベトナム料理は日本人の舌にあってほんとおいしいです。
R0011324.jpg
フランス植民地時代の名残で、屋台もこんなです。
R0011325.jpg
大満足な夕飯でした。。
2009.09.22 フエへ。。
ハノイは都会すぎるので、フエに向かうことに。

がらがらの夜行バスで余裕? で寝ていたら、、、
しゃべり声と、携帯の音に起こされました・・・
しかも、いつのまにか乗車率100%以上?! に。
ここのバスシステムもよくわかりませんね。

夜中には、前の方がみんなのため?! に爆音でBGMを。
ほんと迷惑です・・・イヤホンで聞いてください・・・

タバコ休憩?! があったりしてフエには12時間で到着です。
うるさすぎてあまり眠れなかったけど、途中でみた星空はめちゃくちゃキレイでびっくり!!
バイクばっかでいつまで見られるのかなぁ?!

フエはベトナム最後の王朝、グエン朝の都が置かれた町で、その建造物群は世界遺産に登録されています。
でもあんま興味ないので、僕らはレンタサイクルして、あたりの散策に。
ともことシクロ(力車)。
R0011295.jpg
フエもバイクばっか・・・
R0011283.jpg
ドンバ市場へ。
R0011285.jpg
ベトナムっぽいです。
R0011286.jpg
フエ名物、ブンボーフエ。牛肉出汁でピリ辛。
R0011254.jpg
あやしいライトアップですが、デートスポットみたいです。
R0011263.jpg

と、途中まではよかったのに、、、怒涛の雨で、ホテル軟禁状態になってしまったので、今日の午後のバスでニャチャンに向かいます?。
初のビーチで楽しみです!!

2009.09.20 BIA HOI 。。
昼間の暑さと、バイクのうるささに疲れて、今晩は何を食べようかなぁと歩いていたら、、、
こんな看板が!!
R0011200.jpg
BIA HOI?! 
生ビールなんです!!
しかも、1杯3000ドン(6杯で1ドル)!! こいつは安いです。。
でも、あの100%ってなんなんでしょうか?!

まぁとりあえず頼んでみると、、、美味過ぎる!!
ちょっと薄いけど、この暑さにはききますね?!!

こんなふう注いでくれます。
R0011198.jpg
我慢できず写真取る前に飲んでました・・・
R0011197.jpg
もちろん屋台で、店内はこんな感じ。
R0011199.jpg

地元民も多くて、すごく賑やか!!
みんなと「モー、ハイ、バー、ヨー!!!」(ベトナムの乾杯で、1,2,3、ハイ!!) で何回も乾杯。。 

この子は看板娘?!でお客さんにちょっかいを出して遊んでました。
R0011211.jpg
かわいすぎて、誰も彼女には逆らえません・・・
R0011213.jpg

ごちそうさまでした?!!
R0011217.jpg
気づいたら10杯ちかく飲んでました・・・
ちなみにつまみは出前してくれますよ?。

違う屋台のデザートで〆て終了です。。
R0011235.jpg

楽しい夜でした。。






2009.09.19 ハノイ。。
ベトナムの首都ハノイです。

しかしまぁ、、、暑すぎる!!! 
いままで中国の避暑地に行っていたからなおさらです。
しかもすごい湿気。 体感40度ぐらいあるのかな?!

ベトナムはほんとバイク天国(笑)です。
とにかくバイク、バイクです!!!
車を買うのは夢の夢らしいですが、、、うるさすぎます。
信号待ちもバイクのみ?! です。
R0011281.jpg
スタンドもバイクのみ?! です。
R0011290.jpg

まず驚くのがバイクの多さで、次にお金のわかりづらさです。
通貨はドンで、500ドンから500000ドン貨幣まであって、1ドルが18000ドンです。
そして、ベトナムはぼったくり天国(笑)でもあるので、大変です。
同じ店で同じものを買っても値段が違うらしいです・・・

ハノイの雰囲気、写真でかんじてくださいね?
市場の片隅。。
R0011190.jpg
若者の社交場!?合コンしてるのか?でも飲み物はお茶・・と健全(笑)。
R0011193.jpg
フライドポテト屋。チーズがからんでて、すごいおいしかった!チリソースをつけて食べると、これまたうまい!!
R0011194.jpg
路上のマンガ屋。日本のマンガは世界を制してます!!ドラえもん、ドラゴンボール、コナン、タッチ・・ほとんど日本のマンガ。。
R0011172.jpg
コーヒーの問屋。街中にはたくさんのカフェがあります。。
R0011250.jpg
ベトナムのつけ麺。「ブンチャー」。酸味のきいたスープを好みの味付けをして、それにそうめんのような麺、炭火焼した肉、揚春巻き、大量の野菜をたっぷりいれて食べる。
なんとも忙しい料理だった。
でも、この揚春巻きが絶品!!
R0011238.jpg
ブンチャー屋のキッチン!?
R0011243.jpg




大理から6時間で昆明に到着したが、大都会過ぎて1泊で次に向かうことにした。
ラオスかベトナムか迷ったが、、、ラオスはタイから入るということで、ベトナム行きに決定!!

17日の寝台バスで国境街の河口へ。
国境までの道のりは、高速があるわけなく、揺れまくり。中国人は、うるさいし、禁煙の車内で喫煙するし、痰は吐くし・・・ 最後まで突っ込みどころ(笑)のある大国でした。。

翌朝8時に河口に到着し、そのまま中国出国手続き。
R0011152.jpg
手続きと言っても、、、すぐにハンコを押して終了。荷物検査も適当だし・・・いいのかね?!

国境は200mぐらいの橋で、歩いて渡ります。
R0011153.jpg
R0011154.jpg

両国のトラックや、大きな荷物をくくりつけた自転車など、様々な人が国境を渡っていました。
島国の日本では考えられない光景で、地元民はみんな専用の通行証を持っていて、この橋は生活に欠かせないものなんだなぁと感じました。。

さて、次はベトナム入国手続きです。ここでも適当でなんの問題もなく、2カ国目ベトナム入国!!!
R0011156.jpg

落ち着くまもなく、バイタク(バイクタクシー)乗ってけ攻撃です。
しつこいです。まじで。。 入国したらすぐです。
かわしたはいいが、ハノイまでの電車は10時間後・・・
「バスすぐ出るし、安い。俺がバス停まで乗っけてやるから!!」
と、いうバイタクのにいちゃんと値段交渉をしてしょうがなくバス停に向かったが、途中で手を上げてハノイ行きのバスを止めてしまって、
「さあ、乗れよ!!」だってさ・・・
まぁ、ちゃんとハノイって書いてあるからいいんだけどさ。。

バスは人生初めての土足禁止!!しかもマン喫であるような大きなシート。
快適すぎるバスも10時間かかって、夜7時にハノイ到着。昨日の夜から何も食べてなかったのでもうヘロヘロ・・・
でも、ここはベトナム。そんなことはおかまいなしでまたもや、バイタク攻撃!!
「あぁーーー、うっさいわ!!! ほっとけや!!」
キレるときは日本語にかぎりますね。。
押しのけてバスターミナルの外に出たはいいが、
「ここはどこですか???」、状態。地図も持ってないし、暗いし・・・
あてもなく30分歩いてもホテルがあるわけでもなく・・・
「まじでどうしましょう???」、状態に。
そういえば、、、安宿街の近くに大きい湖があったな、と思いタクシーを拾った。
でも、ローカルエリア。英語が全く通じないし、湖の名前も思い出せない・・・
紙に書いたりしてやっと発車したけど、着いたところは安宿がなさそうなところ・・・
近くに地図があったのでみてみると、、、確かに大きな湖のところです。
でも、俺の行きたいのは、、、ありました!!!
小さすぎます・・・ ハノイにはいくつも湖があるんですね・・・
今度こそ無事に目的地に到着です!!

昨日から24時間。いろんなことがありすぎて、まじで疲れました・・・
次に行くときは地図を持っていきましょう!! です。。

今夜はベトナム名物フォーを食べてすぐ就寝でした。。
R0011170.jpg





レンタサイクルをして、古城外に行ってみることにした。
10元で借りられて、しかもMTB!! 久々のチャリで2人ともテンションUPです!!
R0011088.jpg
田園地帯、爆走!!今、稲刈りの時期みたいです。。
R0011122.jpg

田園地帯を抜けると、湖に到着!!といっても広すぎて、海みたい。。
サイクリングロードみたいなものを探そうとウロウロ、、、、
すると、おじさんに声をかけられる。
「船に乗れよー。自転車も持っていっていいからー」
たぶんこんな感じ。よくわかんないけど、ついて行くと、、、船のりば。
1人150元。どうしよう、、、、、
あまり乗る気もなかったので、
「2人で100元だったらいいよ。」と言うと、軽く笑われて、帰ろうとすると、
「2人で200元だ!!」交渉が始まってしまった。
「いや、100元!!」
「140元!!」
「いや、、、」
「120元!!」
「いや、100元だって!!」、まじで帰ろうとすると、
「わかった、わかった100元で行けよ!!、でも内緒だぞ!!」、だってさ。。
落ちてしまいました。1人150元が2人で100元に。
チケットを買うとちゃんと150元って表記してあったのに、このシステムよくわかりません・・・
まぁでも、言ってみるものです!!

船から見た風景。。。。
いい天気で、すごいキレイな青空。。
R0011105.jpg
雲の下だけ影になっている。こんな風景が一面に広がっています。。
R0011107.jpg
日差しがますます厳しくなって、あー焼けるぞー!!
R0011123.jpg
金?島に上陸。
じゃんけんしてるようですが、しつこく茶屋に誘われてます(笑)
R0011099.jpg
結果、1人150元が妥当だったような船旅でした。

明日は昆明に移動。そろそろ中国終わりです。。
2009.09.14 大理古城。。
麗江から3時間で大理に到着。
もはや3時間はちょっとそこまで、ってかんじです。

大理も大理古城が観光地になっていて、昔は長期旅行者が多かったところ。
そして大理はその名の通り大理石の由来で、露天などで安く買うことができます。。
R0011130.jpg

夕方から古城を散策しに出かけたとき、偶然日本人の2人組に会い、そのまま夕食を一緒に食べた。
はやとくんとこずえちゃん。カップルかと思ったら、行き先が一緒で2週間共に行動してるんだって。
旅は出会い、、、いいですね?!!
ご飯も人数が多いとさらにおいしいなっ!!

ご飯後4人で古城内にある五?楼に登った。
上からはいつもの中国ライトアップが見渡せたけど、大理は麗江よりは落ち着いている。
R0011050.jpg
雰囲気でてます。。
R0011057.jpg
これは正面から。
R0011049.jpg
 
2人とも僕らの行こうと思っているルートと似ているからまたどこかで会えたらいいなぁ?。。

夜行で昆明に移動しようと思っていたが、

麗江着いてから、背中に激痛が・・・
どうやら、変な体勢でバックパックを持ったときに筋を痛めたらしい。。

5日間ずっと痛いし、極寒香格里拉でさらに痛くなったので1日休養することに。
チャリ旅行中愛用してたバンテリン、役立ってます!! 
ケイジままありがとう!! 
R0011078.jpg

休養してたけど、麗江もう満喫したし、明日の夜行まで待つのももったいないので、明日の朝のバスで大理に行くことにします?。

早く治ってほしいです・・・
朝5時起床。 

昨日、、、、
「明日もこのバス乗るなら朝ここに来てね!」
「どうゆうことですか?? バス往復代払ってるんですけど・・・」
「じゃあ、6:30集合ね。」
「はい・・・」
よくわかりませんが、言われるままに。

香格里拉の朝5時は真っ暗。しかも寒くて、雨です・・・
なんとかタクシーをひろい指示された場所に行くと、超いいホテルが。。
そして、みんなは、、朝ご飯中です。

寒いロビーで待たされ、真っ暗な中バスは出発。。

すぐバスは止まり、
「これから標高4000m以上に行くから、酸素1人3本と、チョコレート買ってね!」と。
「これからトレッキングですか?」
「そうだよ!!」
「聞いてないんですが・・・」
アウターは貸してもらえたけど(後で46元払うことに)、確実に10度以下で、短パンにサンダルな僕ら。
そしてチケット代、190元!!
留守番決定です・・・

酸素薄く、ちょっと動くとハーハー(笑)
酸素一本二人で分け合いました。。
足キンキンなんですけど。。。。。。。
R0011029.jpg


昨日言っていたのこれでした。気にして言ってくれていたんですね。
まぁでも、後の祭り・・・ 
極寒で4時間・・・

でも、日が昇ってくると日なたはぽかぽかに。
R0011025.jpg
ちなみにこの牛、昨日のチベット料理に使われていた、ヤクという牛。。

トレッキング後、さんざんお土産物屋によって無事麗江到着。
香格里拉はすごくいいとこで楽しい2日間でしたが、、、
ツアーの内容はしっかりと確認しましょう。。

後でわかったんですが、みなさん650元払ってたみたいです・・・







 
今回、直通の香格里拉行きバスは使わず、1泊2日の140元のツアー?!バスを使うことにした。
そんな長居するつもりもないし、バックも麗江の宿においていけるし、安いし、と軽い気持ちでチケットをとった。

バスはめちゃきれいでビックリ!! 最初は「安くていいツアーもあるもんだ!!」と思っていたんだけど・・・
最初の観光は虎跳峡。みんなと一緒に入ろうと思ったら、
「君たちは向こうでチケット買って入ってね。」
「僕らだけですか?」
「ここは行きたかったし、まぁいいか。。」
言われるままに、チケット(50元)を買って入場。

虎跳峡はその名の通り、虎が跳んでるような濁流?!
はじめは、のどかな風景が続く、、。
R0010987.jpg
洞窟を歩いたり、、。
R0010990.jpg
入り口から2,3km行くと、ありました!!
R0011012.jpg
さっきまでの穏やかな流れの川が、多数の岩があることで虎が飛んでるように見えます?!
近くで見ると、まぁすごいです!! 自然の力のすごさを感じられますよ?。


そして、バスは香格里拉へ。。
標高3300m。空が近い!雲が近い!そして寒い!!
本当にキレイな景色。。
R0011018.jpg
この後、ツアーとは別行動をとることになり、僕らは中心の四方街へ。。
R0011021.jpg
今日の夕飯はチベット料理を食べることに。。
R0011023.jpg
餃子みたいなのが、「モモ」。となりが、「トゥクパ」という麺料理。うどんを細かく切ったような麺。
モチモチしてて、本当においしかった!!
トモコがお気に入りの一品!!

麗江と比べ、雰囲気も人も落ち着いてて一泊ではもったいないなぁ、、なんて気持ちになった。

 
ビザGETで、落ち着いて麗江観光。

麗江市の中にある、麗江古城は1999年に世界文化遺産に登録された。
と、いっても観光地、テーマパークです。
おそろいの赤帽をかぶった中国人観光客がいたるところで見られます。。

雰囲気は、、京都の映画村と、浅草の仲見世通りを足したようなかんじです。
でも標高2400m、いい景色が広がっていて、とても居心地がいいですよ?。

写真で雰囲気味わってくださいね?。

古城の入り口。人がいっぱい!
R0010890.jpg
上から見ると、古城内はこんな感じになってます。。
R0010901.jpg
街中は、ナシ族のおばあちゃんがいっぱい。大きい籠を背負って、野菜や果物を運んでます!
R0010898.jpg
ナシ族のちびっ子。この赤いちょうちんできれいな夜景が広がります。。
R0010849.jpg
夜景はこんな感じ。ほんとにキレイ!!
R0010864.jpg
古城内は透き通った水が流れてて、よい趣。でもどこ行っても人、人、人(笑)
R0010881.jpg
古城内の市場へ。。日本人は中国野菜を敬遠するけど、本当においしそうな野菜がいっぱい!
R0010927.jpg
肉売り場。豚足。。。いいダシがでそう(笑)
R0010932.jpg
古城から少し離れて、、バンのようなものに乗って、束河古鎮へ。。
ここも古城のような街並み。でも、山と河、動物(ほとんど馬。。)に囲まれて、とてものどかな雰囲気。。
R0010965.jpg
小道はこんな感じ。
R0010966.jpg
いいとこでしょ!!

明日はもうちょい標高の高い、香格里拉(シャングリラ)に行ってきますー!!
名前だけみてもよさそ?。。
昨日、チェックイン後すぐに、公安へビザ延長をしに行った。

公安に行くと「ここじゃない、あっちだ!」と言われ、
行く先、行く先で、「あっちだ!」だと言われ、
まさにたらいまわし、、、
結局17時を超え、明日に持ち越し・・・

宿に帰って聞くと、「とりあえず明日古城内派出所に行ったら」とのこと。
あと2日、、、不安を残し就寝です。。


翌日、何があってもいいように早朝派出所へ。
「奥でちょっと待ってって」と、まさか昨日と一緒?! と不安が、、、 でも、

「滞在証明作るから、これからPSPに行って。」
「えっ!?プレステ!?」
わからないので、住所をかいてもらう、、、あっ!麗江市公安局!
「でも、、昨日行ったんですけど、、、」
「いいから。 ちょっと遠いからタクシー使ってね。これ見せれば着くから。」
「タクシーですか?! 昨日行ったの徒歩で十分なんですけど、、」

こんな会話(たぶんね。)があり言われるままタクシーに乗った。
ちょっと行くと昨日の公安が。
「ここ前の公安ね。今の公安はもっと先ね。」と、ドライバーのおばちゃん。
5分ぐらい走ると、キレイな建物の新しい公安が。
R0010887.jpg

でも、まだまだビザが取れたわけではないので恐る恐る中へ。
ありました!!
「外国人出入国管理処」
これをずっと探してました。。

しかも、「ちょっと待っててください」と日本語をしゃべれるひとまで!
もう一安心!!

パスポートを見せると、
「今日で切れるわよ、よかったねーすぐに取れるから!!」
160元を払って、20分ぐらい待っていると、
取れました!!! 
無事1ヶ月ビザGETです!!!
「あのー、公安って移動したんですか?」
「そうなのよ、前の小さかったから。 まだ1年もたってないわねー。」

わかるわけがありません・・・
遠いしさ・・・
昨日の苦労は何だったの?!・・・
さらに、「麗江でも5日かかるよ。」って情報なんだったんだろ・・・

まぁまぁ、これで不法滞在にならなくてよかったです。。
1日間違えていたし、、、あーーほんとよかった?!!


ホッとしたところで、ご飯。
ビールを飲んでお祝い!
本日のシェフはこちらのおばちゃん!
常にハハハハーと笑顔の絶えない、おもしろいおばちゃん!
R0010941.jpg
料理もおいしかったよー!!
R0010938.jpg













いざ麗江へ。
立派な大型空調バスです。
R0010820.jpg
これが、今日の寝床です。 ずっと寝たままです、、
R0010822.jpg
おそらく洗ってないシーツと布団で24時間過ごします、、、
そして、麗江まで1000km、乗客の命を預かる運転手。 頼もしい背中?! であります。
R0010823.jpg 「頼んだよ!、おやじ!!」
12時に出発したバスは、成都を抜けるまでは渋滞だったが、そこからはひたすら山道。3つの山を越えるらしい。 
車内はというと、あれ? 静かです!! 
みんな映画に夢中なのか、、、
どうやら中国人、夢中なときと寝てるときは静かみたいです。 
まぁすぐに、食べる「クチャクチャ」、痰をはく「カーーッ、ペッ!!」が聞こえてきますが、、
「痰はき禁止」っていう標識があるぐらい、老若男女どこでもやります。。

休憩は5,6時間おきに。たぶん運転手の気分です。

ここでちょっとトイレの紹介を!! (男子トイレ)
R0010827.jpg
入り口は、まぁ普通です。 しかし中は、、、
R0010829.jpg
見事に、臭い・汚い・壁がない!! 3拍子そろってます。。
中国の旅はトイレから始まると言っても過言ではないです。。
ちなみに女子トイレは、もう少しキレイらしいですよ。

気分を害した方、ごめんなさい。。。
お食事中の方もごめんなさい。。。

おやじのがんばりで、予定通り12時に麗江到着。
麗江古城内に移動して、宿探し。
さすが観光地、いたるところに宿があるけど、高いです、、
予算と相談して、チェックイン!!
初のツインで、60元(900円)。 
中庭。
R0010842.jpg
キレイで、当りでした。。
R0010841.jpg
中国入って初めて青空見ました。
R0010840.jpg

ゆっくりしたいところですが、まずビザを、、、
 





四川料理と宿に夢中だったが、
ノービザ(15日以内)で中国入国したため、残すはあと4日になってしまった。
そこでこれからのプランを考えてみたところ3つ。

1、成都でビザ延長(5日かかる)
2、雲南省昆明に行きそのままベトナムに抜ける(もったいない・・・)
3、雲南省麗江でビザ延長(中国いつまでいるの?!前は1日で延長できたが噂では今は違うらしいし)

悩んだ結果、、、、3に決定!!
せっかくきたし、急ぐ必要もないしさっ!ってことで。

さっそくバス乗り場でチケットGET。寝台バスで24時間かかるってさ。

麗江は標高2400mにあって中国人にも人気で夏の避暑地になっていて、
雲南省は漢族の他に少数民族もいるので中国っぽくないところも味わえたりする。
さらにいい景色、いい空気、 楽しみだなぁ?。。
2009.09.04 四川料理。。
麻婆豆腐。
辛いっていうより四川山椒のビリビリさで食べれない人がいるほどのもの。
そして、ラー油の中に豆腐が浮かんでいるようなかんじ。
俺は山椒大好きなので、本場のほうが好だなぁ。
汗をかきながら、ご飯と一緒に食べるとこれまたうまいですよ!!
R0010776_convert_20090907004024.jpg

タンタン麺。
汁がないです。 これまた山椒攻めでくせになる味!! 
日本で食べるのは全く別物って思ったほうがいいような本場坦坦面(中国読み)。
R0010792_convert_20090907004242.jpg

火鍋。
最近では日本でも増えてきたけど、唐辛子しゃぶしゃぶみたいな鍋。
でも、苦手な人用に魚介出汁と半々にもしてくれる。
これは好きな人でも辛すぎ!!! 知らないうちにビールがなくなっています、、
中国人のおっちゃんはみんな上半身裸です。。
R0010796_convert_20090907004427.jpg

回鍋肉、チンジャオロース。
日本で食べるのを辛く、油っこく、味濃くしたかんじ。
どこで食べてもハズレなしだけど、胃もたれに注意です、、


うまいけど毎日辛くて、油っこいもの食べてよく大丈夫だなぁ、、と思っていたらここは中国。
そう、お茶です!!

成都にはそこらじゅうにカフェ(お茶屋)があり、みんな竹で編まれた椅子で飲んでいます。
中国のお茶は、葉っぱをそのまま湯呑みに入れて、直接湯を注いで飲み、減ってきたら湯を継ぎ足して飲むスタイル。さめないためだと思うけど、ちょっと減ったぐらいで足されるので熱すぎます!!
R0010778_convert_20090907003742.jpg

まぁ、こんなかんじでバランスがとれお腹をこわすことはないです!!







2009.09.03 成都。。
成都にお昼前に到着で、すぐさまSim'sへ。

実は、ここは5年前のアジア旅行のときにも泊まったことがあったので場所もバッチリだと思ってたら・・移転してました・・・ おかげで迷いながらやっとの思いで宿へ。。

着いてみたらびっくり!!

エレベーター付きでめちゃくちゃでかくなってる!!
以前にもまして設備が整っていながら、ドミトリーで1人40元(600円)。
最強です!!!!!
R0010771_convert_20090907001442.jpg
広?い庭?!

R0010812_convert_20090907001728.jpg
広?い居間?!

R0010817_convert_20090907011247.jpg
ネコさえもこうなります。。

やっぱり落ち着くあぁ?。
何泊するか決めてないけど、いまや人気の宿なのでとりあえず3泊でチェックイン!!


それにしても成都は大都会!!!
ちょっと前に大地震があったからどうなっているのか心配だったけど、高層ビルばかり。
いたるところで工事してるし、、物価も急上昇してるらしい。
以前はもっとよかったぁ?って勝手な思いが・・・

まぁ大都会になっても、四川料理は変わらず!!
食べたいものを挙げてみると、
麻婆豆腐、タンタン麺、火鍋、回鍋肉、チンジャオロース、、、etc。
全部食べれるのか?!
胃袋と相談しながら決めてこっ。。









2009.09.01 西安へ。。
22時間の電車移動。

僕らも中国人に習って、カップラーメンとお菓子を買って乗車。
中国ではどこでも大きい魔法瓶が置いてある。
そのため、お茶やカップラーメンは食べられるというわけ。

電車はというと、中国人のうるささを除けば快適。。
そして、ずっと何かを食べている。
日本の電車とは正反対。
でも、誰も他人を気にすることなくしているから、それはそれでいいのかな?!


翌日昼前に西安到着。

西安は、かつて長安と呼ばれた古都。
シルクロードの起点としても有名で、中国の絹そして茶や磁器などは、中央アジアを通りヨーロッパに伝わり、中国にも西方の物産や文化が伝わった。
今では高層ビルが立ち並び、市街地の城壁がその面影を残す。
R0010731_convert_20090907000839.jpg

西安では、世界遺産の兵馬俑を観光。
兵馬俑は、紀元前220年頃から製作され、顔立ちはそれぞれ異なり、7000もの兵士俑や100あまりの戦車、400あまりの陶馬などからなる

紀元前にこんな物が?! と思うほどのもの。。
R0010718_convert_20090907000616.jpg

まっ西安は2泊で次は成都!!

成都といえば、四川料理!!!
辛いもの好きの俺にとっては最高の場所!!
楽しみだなぁ?。

そして成都には超おすすめの宿もあるしっ!!

Sim's Cozy Garden Hostel。
日本人のマキさんとシンガポール人のシムさんが経営する宿で、2人とも元バックパッカーで、あったらいいなぁ?ってものが揃っててすごく居心地がいい宿。

今度も20時間の電車移動。
中国広しです。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。