上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC00496.jpg

DSC00498.jpg

DSC00499.jpg

DSCN2472.jpg

DSCN2478.jpg

DSCN2480.jpg

DSCN2481.jpg

DSCN2485.jpg

DSCN2484.jpg

DSCN2486.jpg

DSCN2487.jpg

R0020473.jpg

DSCN2489.jpg

DSCN2490.jpg

DSCN2459.jpg

R0020483.jpg
スポンサーサイト
一睡も出来ず、0時起床です(泣)。

寒い・・・。

テンションも低い・・・。

まじでこれで登るのか・・・。

しかも慣れない機材に俺ら2人は登る前から大苦戦(泣)。

起きるのは遅いが準備は早い欧米人達、、、我先にと出発していくし。。


俺らもがんばり1時前にはベースキャンプを後にした。
ガイドは3人に2人。
俺とタカくんにはフェリックス、トモコにはマリオ。
3人、2人は命綱でしっかりと結ばれている。

とうとう雪山が始まった。

初めて着けるアイゼンに戸惑ったが、アイゼンってすげぇ!!
結構な傾斜もそのまま歩けるんだからね!!

まぁそんな感じで最初は順調!!

が、、、5500mを超え、だんだんきつくなってきた、、、。
寒い・・・。
空気が薄い・・・。

クレバスと言う氷河にできる深い割れ目も何箇所かあり、飛び越えなければならない場面もあった。
深さ20mぐらいか?!落ちたら・・・。
考えるだけでゾッとする。

断崖絶壁の箇所も多数。
空気が薄いから意識も朦朧としてくる・・・。

なんとか5900m地点にきた。

この辺でリタイヤする人が多いらしいが、、、納得した。
今までの道のりでも苦しいのに、あと188mがとてつもなく遠い。

傾斜がありえない・・・。
頂上は霧で見えないし、まだまだありそう見えるほど遠い・・・。


が!しかし、ここまで来て諦めるわけにはいかない!!


俺らは頂を目指した!!


1歩1歩が重い、、、重すぎる、、、。
これが6000mか、、、。
完全な酸欠でふらふらする、、、。
頭を上げなくてはいけないのに、急傾斜過ぎて下向きになってしまい、更につらい、、、。
落ちたら即アウト、、、。

でも、無心で1歩1歩進んだ。
少しずつでも前に進み続ければ山頂に到着できる。





あれが頂上?!





やっと来た、、、。




・・・・・・。



・・・・。



・・・。





言葉が出てこない。
涙が出そうになったが、もはやそんな余裕さえもなかった。
髪や髭は雪まみれ、、、。
みんな顔色最悪。
体中に血が通ってないし、普通の状態じゃなかった。




でも、、、俺らは登頂した。。




6088mの頂に立った。。
3人でいっぱいいっぱいの頂に。。

DSC00494.jpg

DSCN2470.jpg

DSCN2473.jpg

R0020465.jpg

写真撮影でも笑えないぐらい俺らはぼろぼろだったけど、達成感は半端なかった。
6000m越えは次元が違う。


そう思ったよ。。。



下山はそりゃもう瀕死の状態(笑)。
寝てないし、あんま食べてもないから、歩きながら寝てた(笑)。

でも気持ちは晴れ晴れしてたな。


無事3人で登頂できたからね!!!


しかし、トモコの根性には恐れ入ったな(笑)。
ろくに山に登ったこともない女の子が6000mに登るんだからさ。
まじですごいですわ。。


こうしてワイナポトシへの挑戦は終わった。

なんだかんだラパス滞在が2週間になった。。

でもまだやりたい事が、、、というかメインイベントが残ってる。。


ワイナポトシ、、、6000m越えへの挑戦。。


グアテマラでタフムルコ(4200mぐらい)に登ってから、ボリビアでは6000mに挑戦したいと思ってた。
5200mまでぐらいは車で行くことができるけど、その先の6000mは自分の足でしか行くことが出来ない世界。

未知の領域。。

登頂成功率は5,6割、リタイヤする人も多い世界。。


4000mで前回高山病になってしまっただけに不安はあるけど、、、挑んできます!!


ただ今回も心強い山好きタカくんが一緒なのは大きい。
タフムルコもタカくんがいなかったら登ってなかったし、ワイナポトシに興味も抱かなかったと思う。
ボリビアに行く時期が一緒ぐらいになりそうだからまた登ろうってことで今回のワイナポトシがある。

で、今回はトモコも一緒。
いきなりの6000m越えはきついと思うけど、あの感動と達成感を共有したいし、今回は一緒に行きたかった。

R0020431.jpg


ツアーは1泊2日と2泊3日があって、1泊2日で行くことにした。

なぜ2泊もいるかというと、ワイナポトシは雪山のためアイゼン、ピッケルの練習がいるとのこと。
でも5000mに2泊すると体力が奪われる恐れもあるので、俺らは1泊で行くことに決めた。
人生初のアイゼンだけど、、、体力の温存のほうが大事だから。。


ツアー会社はtravel tracks。
28日出発と日にち設定はされたけど、通常の$120を$90まで値下げすることができた。
これもタカくんの情報のお陰ですな。。

あと2日。。
いい状態で登れるよう体調管理して行ってきまーーーーす!!!!!


登頂したらもらえるTシャツ。。
ほしい(笑)、、、。 

R0020477.jpg


人生初のアイゼン達。。
練習なしで大丈夫か?!

R0020432.jpg
待ちに待った、デスロード!!

デスロードとは、、、断崖絶壁のU字カーブやS字カーブをチャリで駆け下りるというもの。
その高低差は3500m!!4700m地点から1200mを4時間かけて下っていく。全長65km。
まぁ日本では絶対出来ないツアーですな。。

ボリビアに行ったら外せないよ!!ってことで、超楽しみにしてた。

ツアーは泊まってるエル・ソラリオで申し込んだ。
チャリのランクは3種類(B350、B400、B450)。
もうちょっと安くならないかぁ、、っと聞いてみると更に下のランクのチャリが!!
B300、、、ただサスペンションがあまりなく、砂利道ではもろに衝撃を受けてしまうらしい。
まぁまぁ言うても、そんなに変わらないだろうと更に交渉して、入場料(B25)込みでB290(約3500円)
にしてもらった。

ツアーは7時エル・ソラリオ集合。
朝食を食べ、みんなおそろいの服に着替えて出発点の4700mへ。

R0020397.jpg

ツアー参加者は一緒に申し込んだ、タカくん、マサくん、他15人ぐらいいたかな、、、。
レースになりそうな感じだな。。

R0020403.jpg

4700m地点でいいチャリから順々に名前が呼ばれていき、、、残ったのは俺らを含め6人。
他にも安いチャリで申し込んでる人がいたんだね。。
でもB450のチャリのスコットランド人の2人はマジで本気だったよ。
ヘルメットもフルフェイスだしさ、、、。

最初はアスファルトの舗装道路からスタート!!

R0020404.jpg

R0020405.jpg



この時点で超おもしれーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!



時速何キロ?!ぐらいのスピードで超気持ちいい!!
でも俺らのチャリはこのGに耐えれないのか、、、ずっと前輪がぐらぐらしてたよ(泣)。

途中で、チョコ、バナナ、休憩を挟み、とうとうデスロードが始まった。

R0020409.jpg

さっきまでとは別世界、、、。

R0020410.jpg

R0020411.jpg

未舗装だし、幅は車が通れるぐらいだし、崖の下は・・・。
まじデスロード・・・。
途中には落ちて死んだ人の記念碑まであるし・・・。

R0020413.jpg

が、、、ビビッててもしょうがない!!

やるならトップを狙おうと飛ばした。
カーブでどれだけスピードを落とさずいけるかだ。

でも前のスコットランド人2人速過ぎ・・・。

全く追いつけない・・・。

チャリの違いなのか、、、カーブの走り方が違った。
一瞬、2位までいけたけど、ほとんどが20mぐらい離されてた。
でもずっと追いかけてたから、崖の恐怖とかは全く目に入ってなかったのはよかったかな(笑)。

ゴールの1200m地点で、シャワーを浴び、ビュッフェの昼食を食べ、帰りはバンで降りてきた道を
帰った。

R0020417.jpg

走ってるときは気がつかなかったけど、バンで走ると道の狭さとかがよくわかったよ。

帰ってきたら、記念Tシャツをもらいデスロード終了です。

ゆっくり走れば危険も少ないし、あの爽快感はなかなか体験できなし、、、ボリビアきたら
デスロードは絶対ですな。

R0020416.jpg
ラパスは買物天国でもあります。

ペルーよりは質は落ちるかなぁって思うものの、、、安い!!
お土産をあんまり買っていなかった俺らもラパスで大量買いしたよ。

俺も久々に火が付いて(笑)、、、。

民芸品通りもあって暇があると行くって感じになってたね。
小物入れに、毛糸商品、布、、、。

R0020268.jpg  R0020383.jpg

R0020373.jpg  R0020358.jpg

R0020355.jpg  R0020279.jpg


フランス人オーナーのお店では一目惚れしてジーパンも買った。
トモコも布とか、小物入れとかいっぱい買ったよ。

R0020429.jpg  R0020360.jpg

おすすめの布袋達。
日本に帰ってクッションカバーとかにできるといいかな。
ちなみにフランス人のお店で持込でオーダーできます。

R0020356.jpg

毛糸商品達。。

R0020359.jpg


まぁこんな感じで買物も毎日楽しんでます。

R0020271.jpg

明日はやーーーーっとストも終わったので(俺らが来たぐらいから2週間ぐらいしてた)、
デスロードに行ってきま?す!!!
ラパスは食事が充実している。

地元料理から、軽食、日本料理、カフェと、値段も手ごろでいろんな料理が楽しめる。

よく行っているのは、宿の近くの、立体商店街?!
建物が立体になっていて、同じ規模の店がずらーっと並んでてぷらぷらするのも楽しいよ!!

R0020352.jpg

R0020314.jpg

R0020315.jpg

地下は肉屋、1階は主に日用品、その上は飲食店。
飲食店も、軽食、昼食、夕食、フルーツジュース屋とお店が分かれていてわかりやすいしね。。

俺らのコースとしては、朝食は軽食店で、サンドイッチとコーヒー、B5(約60円)、
昼食は、スープとメインのセットメニュー、B7?B10(約80円?120円)、って感じ。

R0020312.jpg

R0020350.jpg

R0020351.jpg

夕食は別に、、、宿の近くに夜だけ出るアンティクーチョ屋(はつの串焼き)に5日連続とか
で通ってるよ。1本B5(約60円)ね。

R0020394.jpg  R0020395.jpg

で、たまに、けんちゃん!!
前の記事にも書いたけど、その他の料理に飽きたら行くって感じだね。
ちょっと高いんだけどさーやっぱり日本食食べたいよ(笑)。。

R0020379.jpg

あとは、、、ブルーベリーカフェ。
ここは照り焼きチキンがおすすめ!!
オーナーの奥さんが日本人で、まさに日本の照り焼き。
日本的なカレーもおすすめです。。

R0020343.jpg

R0020344.jpg

その他にも、、、韓国料理、中華料理、ピザ屋、おいしいアイス屋と毎日充実してるよ。。

R0020277.jpg

R0020382.jpg
エル・アルトの続きです。。

見所、、、あったよ!!
日曜日に開催される、おばちゃんプロレス!!

歩き方には書いてないけど、ロンプラには絶対行っとけ!!って書いてある。

行った人の話では、茶番、、、らしいけどおもしろいって言うので行ってきたよ。

場所はマーケットから橋を渡ってすぐ。
4時前に行ったら長蛇の列だったけど、外国人はVIPしか買えないので、列をスルーしてB50(約600円)
でチケットを買い中へ。
チケットには入場券のほかに、スナック券、お土産券、トイレ2回券が付いていて、
さすがVIP、席もリングサイドです。

DSC00428.jpg

俺らが入ったときにはまばらだった客席も、始まる前にはすごい人になってた。

始まったけど、、、あれ?おばちゃんじゃなくて、男の覆面レスラーのタッグ戦・・・。
しかも本気でやってないみたいな、、、。
技は出るけど、こんなもの??

DSC00436.jpg

DSC00438.jpg

DSC00441.jpg


そう思っていると、2戦目からおばちゃんが出てきた!!
まじでおばちゃんだ!!

DSC00443.jpg

インディヘナの格好をしていて髪も長くて三つ編みだし、、、ほんまに戦えるんかいな(笑)。
登場から派手で、ショーになってるし(笑)。

最初は敵同士でも話しているという和やかさで、、、そのうちレフリーも混ざり口論になっていき、
試合が始まった。
まぁ技は出るものの・・・。

DSC00450.jpg


でも次第にヒートアップしてきて、、、アルミの板で頭を叩いたり、ポールに頭ぶつけて、
流血させたりと白熱してきた。
そのうち、客席までなだれ込んできて、あれ?観客もリングに上がってる?!
もうそっからはぐっちゃぐちゃ(笑)。
ポップコーンや水、ジュースもリングに投げ込まれてさぁ、勝ち負けもよくわかんない始末(笑)。

DSC00460.jpg

DSC00462.jpg

プロレスっぽくて、コスプレショーみたいで、、、茶番だけど、、、ラパスに来たら1回は行った
ほうがいいかな(笑)。。

DSC00447.jpg
エル・アルトに行ってきた。

エル・アルトというのは貧困層が住むエリアで、市街地からコレクティーボで30分。
ずっと坂を登っていって、4150mのところにある。
ラパスは盆地になっていて、標高が高くなるほど、貧困層が増えていくという造りになっている。。
ラパスの3分の1がエル・アルトと言われているから、ラパスの本当の顔かもしれないね。

見所は、木・日曜日に行われる盛大なマーケット!!
標高が上がるごとに治安も悪化するのでスリにはご用心です。。

マーケットは飲食、日用品から、機械、古着、、、となんでも揃っており、完全な青空マーケット。

R0020282.jpg

R0020288.jpg

奥には泥棒市まである。
泥棒市とは言葉の通り、旅行者から盗んだ電化製品などが並んでいる。
デジカメ、一眼、ipod、、、全部データが入ったままになっているから生々しい・・・。
盗まれた次のマーケットに自分のカメラが並んでいて、それを買うなんて話もあるとか、、、。
まぁ最低な商売ですな。。

木曜にも来たけど、日曜のほうが人が多くて、活気があるなぁ。
ただ、この日は天気が悪く、雨が降ったり止んだり・・・。
古着が濡れたままになっていてちょっと探す気にならなかったな(泣)。
古着の山を掘り起こせば、掘り出し物が見つかるかもね。。

買ったものはトートバックのみ。
最近トモコがマニア化してきてどこでもトートバックを買ってるよ。

R0020281.jpg


今日はそうでもなかったけど、木曜日は景色もよかったよ!!
ラパス市街地が見渡せて、遠くには雪山も!!
さすが4000m越え、、、雲も近くて、景色だけでもエル・アルトに来る価値ありですな。。

R0020285.jpg

R0020284.jpg
2010.10.16 月の谷。。
そろそろ観光でもしようと、、、月の谷に行ってきた。
楽しみにしてるデスロードって言うチャリで3000mを駆け抜けるツアーが、ストの関係で
今日は行けなかったので、、、。

バスで1時間弱のところに月の谷はあった。

R0020340.jpg

ラパスは都会だけど、1時間弱で超自然地帯になるのもボリビアっぽいな。。

確かにナメック星のような、月面のような世界。。
まぁ行ったことないけど(笑)。。

R0020318.jpg

#R0020320

ってかカッパドキアだな、この感じは!!

ゴツゴツした岩肌が谷一面に広がっていてさぁ、なんとも気持ちのいい世界だった!!
規模は1周1時間ってとこです。

#R0020333  R0020322.jpg

#R0020334  R0020328.jpg

もっと有名になってもいいような観光地だね。。

#R0020338
ラパスの宿、エル・ソラリオ。

R0020292.jpg

俺らが来たときは20人もの日本人がいたんですが、今は5人ぐらい。
南米の、しかもボリビアにこんなにも日本人がいるんですねぇ。
日本人の世界出没具合も相当なもんです。。


え?っと、、、今日は何をしてたかというと、、、。


スペインで1回切ってもらった髪も、最近ではまた肩下20cm。
洗うのが面倒くさくなってたところなんですが。。

ボリビアには通称ボリパーという有名なパーマがあるんです!!

まぁなんてことない普通のパーマなんですが(笑)、お値段50B(約600円)!!

これはやるしかないでしょ!!

カットのほうは心配だったので、美容師のショウくんに整えてもらい、いざ美容院へ!!
よくわかんないけど、ラパス美容院が以上に多い。
店選びが大変だったよ(泣)。
どこ行っても、不安は不安だからさ(笑)。。
まぁその中でも一番流行ってそうなとこをチョイスした。

R0020341.jpg


「、、、パーマ!!」


一言で注文完了で即巻き始めです。
クルクルにしたかったから、「一番小さく!!強く!!」を連発したけど、どうなるのやら?!

R0020300.jpg

髪も濡らさず巻き始めるから、超痛い・・・。

でも等間隔で、手際よく巻いていってロット巻きは順調に完成。

R0020303.jpg

でもパーマはここからです。

日本のように電気を遠目から当てるなんて、、、あるはずもないです・・・。

で、被らされたのがこれ!!

R0020305.jpg

自然放置かと思いきや、、、熱くなってきた!!

でも、、、まじで火傷してるんじゃないかっていう熱さ・・・。
この時少し後悔が(笑)、、、。

まぁまぁ、無事熱も当て終わり、今度は流しです。

これも日本のようなすばらしい洗面台があるはずもなく、、、
首筋と腹筋を酷使するドMな洗面台・・・。

しかもパーマだからロットを全部はずさなければ(泣)、、、。

美容院ってリラックスしにいくとこですよね?!
美容院で疲れるなんて人生発だったよ(笑)。。

R0020307.jpg

出来上がりは、、、、。


あれっ?!
意外といい?!

ちゃんと根元までクルクルになってるし、、、成功?!

R0020342.jpg

担当のお姉ちゃんも、「Muy Bonito!!」って何回も言ってくれたし、
50Bでできるボリパー、なかなかのものです。。

R0020308.jpg

ただ、、、髪の痛みと首の痛みという代償が付いてきたのは言うまでもないですが(笑)。。
昨日から腹の調子が悪い(泣)・・・。

ラパスでは食あたりに気をつけろとは聞いてたけど、、、どうやらあたったみたいです・・・。
トモコは大丈夫だし、何にあたったんだろう??

しかし、昨日は痛かったぁ(泣)。
あんな痛みは旅に出て初めてだわ。

痛すぎて寝れなくて、、、トイレも10回ぐらい行った(汚い話ですんません。。)。

薬を飲んで、2日間ぐらい休養してました。。

たいぶ良くなり、宿でぼーっとしてると、、、またまた再会が!!

ショウくん!!!

R0020291.jpg

ハンガリー・ブダペストの宿アンダンテで、ショウくんが管理人を10日間位してたときにかぶり、
一緒に夜な夜な遊んだショウくん。
再会は4ヶ月振り。
日本人離れした黒さが、さらに増してたなぁ(笑)。

ラパスの洗礼を順調に食らってますが(笑)、、、
久々の再会を2度もラパスで迎えられてます。。
いいこともあるもんです。。
昨日はラパスに着くなり、洗礼を受けたなぁ。。

疲れて宿のロビーに座っていると、、、。
半年振りの顔が!!!


おおおおぁぉぉぉ!!!


ヒロシ!!!!


アフリカ(ケニヤ、エチオピア)を共に過ごし、ダハブでダイビングも一緒にした、
ヒロシとの再会。。

R0020275.jpg

クスコでメールのやり取りをして、会えないだろうなぁと思ってたけど、ヒロシがわざわざラパスに
戻ってきてくれて再会することができた。

いいよなぁ旅の中での再会ってさ!!!
テンションが一気に上がったよ!!

話もそこそこに、夕飯を食べに行くことにした。
行ったのは、南米の旅人の間では有名すぎる日本食屋、「けんちゃん」!!

R0020294.jpg

赤ちょうちんに座敷に、おしぼり、、、ほんと日本の居酒屋のような雰囲気。

俺はトゥルチャ散し寿司、トモコはロースかつ定食、ヒロシは唐揚定食を注文。
40?50B(約500?600円)と地元感覚では高いんですが、味、ボリュームと満足できる内容だったよ!!
有名なだけあるね。。

R0020266.jpg

R0020296.jpg

宿に帰ってからは、お酒!!

R0020274.jpg

ヒロシが買ってきてくれたボリビアのお酒、シンガニを飲んだ。
40度もあるお酒で、スプライトで割ると飲みやすく、話も弾み、午前様でした。。

再会はほんといいもんですな。。
日向ぼっこをしながら、だらだらと昼まで過ごし、13時半発のラパス行きのバスに乗った。
目指すは、世界一高地(3650m)にある首都ラパスです。。

3,4時間ともはや短時間の移動なんですが、、、途中湖を渡るためにバスを降り、乗客とバスを別々
に小船で渡すポイントがあった。

DSC00421.jpg

DSC00423.jpg


で、ラパスに着き、事件が・・・。


ターミナルの中で話しかけてきたタクシーを信用して乗ってしまったのが始まりだった。
元々タクシーを使うつもりだったし、ホテルも知ってるっていうし、、、いやぁ軽率でした。。

乗るとすぐに、許可を取ってるタクシーだからと許可証をしつこいぐらい見せてきた。
許可を取ってるタクシーはそんなことはしないんだけどね。

で、警察が来ても大丈夫だからって何回も俺らに言ってきて、、、。

なんでそんなにしつこく言うんだろうと思いながら乗っていると、タクシーは路地裏へ・・・。

そこにタイミングよくポリスがいて(もちろん私服・・)タクシーは停車・・・。

最初は窓からIDらしきカードをちらっ見せて、「パスポートは?荷物にあやしい物は入ってないか?」
とか言ってたけど、そのうち助手席に乗り込んできて、尋問が始まった。

その時点であぁ、、、偽者か、と思ったけど、ケニヤで反抗しすぎて捕まりそうになったから
おとなしく尋問を受けることに。

サブバックに麻薬系が入ってないかとか、必要以上にバックに顔を近づけるし、、、
財布に偽札が入ってないかとかで、財布もじっくり見られた。

麻薬も偽札も持ってないし、財布には60B(約700円)しか入ってなかったし、俺もじっくりとそいつの
手元を見てたから、俺からは何も取れないと判断し、、、次はトモコのバックを見始めた。

トモコはお金自体を持ってないし、何もないだろうと思っていると、
そいつがITOUCHを見つけた時、突然運転手がトランクに入っているバックパックがどうとかで、俺が
見に行くことになった。

2人だと何も取れないと思ったのか、、俺がトランクに回った瞬間、、、

「こいつITOUCH、取ろうとしてる!!」
とトモコの声が!!


やっぱりね、、、とそいつに怒鳴ったらさ、、、


運転手に「降りろ!!」と言われ、そのまま人気がない路地裏に下ろされた。



・・・・。



ほんと間抜けな2人でよかった。
今回は未遂だったけど、もっと大人数で、もっと遠くに連れて行かれたらどうなってたんだろう、、、。
ぞっとしたよ(泣)。。

ラパスには偽警官がうじゃうじゃしてるって知ってたのに、ほんと軽率だった。

ペルーが思いのほか平和だったし、タクシーも安くて人もよかったから油断してた。

もう1回気を引き締めないとな。。

まぁ何もなくてよかったです(ほっ。。。)
ティティカカ湖沿いに移動してきて、コパカバーナに来た。
ここはもうボリビア!!
国境越えはスムーズで、日本人も多いせいか、笑顔で「こんにちわ!さよなら!」なんて言われたよ。

R0020214.jpg  R0020215.jpg

ティティカカ湖は60%がペルーで、40%がボリビアにあるんだけど、
超広い!!ってかほんと海みたい!!
海みたいだけど、富士山よりも高い3900mにあるし、なんか不思議な感覚になるな。。

プーノは街から湖は見えなかったけど、コパカバーナはほんとそこがティティカカ湖!!
宿からティティカカ湖が見渡せてさー、プーノよりもこっちの方がいいかも!!
時間が止まったようにゆーーったりしてるしね。。

R0020217.jpg  R0020263.jpg


早速太陽の島に行ってきたよ!!

R0020222.jpg  R0020230.jpg

インカの初代皇帝が降り立っただけあって、マイナスイオンが出まくってた。

DSC00417.jpg  R0020241.jpg

R0020244.jpg

水源がわからない、若返りの泉があったり、生水が飲めたのに驚いたよ。
R0020236.jpg

1時間の滞在だったけど、トレッキングして1泊泊まるのがおすすめかな。
朝日夕日なんて、、、ヤバイみたいよ。。

不思議な感覚になるティティカカ湖、居心地最高でした。。

R0020255.jpg  R0020259.jpg
2010.10.08 島巡り。。
ウロス島、タキーレ島の1日ツアーへ!!

宿を7時前に出発して、まず向かったのはウロス島。
R0020143.jpg

R0020150.jpg

このウロス島、、、普通の島ではないんです!!
トトラと呼ばれる葦を積み合わせた、浮き島なのよ!!

恐る恐る上陸してみると、、、


ふあっふあ!!!


足が葦にめり込んで、、、超気持ちいい!!

初めてだね!こういう島は!!


島では村長さんに島の作り方を聞いたりして、、、ほんとすごいよ、人の知恵ってさ!!

R0020161.jpg  DSC00388.jpg

DSC00390.jpg  R0020162.jpg

ワンピースに出てきそうな、トトラで造った船もよかったなぁ。

R0020183.jpg  DSC00395.jpg

ウロス島は、ほんとアミューズメントパークみたいな島だったね!!

R0020175.jpg  R0020181.jpg

R0020165.jpg  R0020176.jpg

R0020168.jpg  DSC00400.jpg

R0020184.jpg


お次はタキーレ島。。

この島は織物などの手工芸品の島です。
柄、色合いなんかは、世界の織物のなかでも屈指の美しさなんだって。

島に上陸すると、階段を上がり、上がりきった所からは段々畑が見渡せた。
R0020191.jpg

で、島に暮らす家族のところで昼食、ティティカカ湖名物、トルゥチャ(マス)を食べた。
特大で、身もしっかりしててうまかったなぁ。
DSC00406.jpg

R0020194.jpg


最後に民芸品市場をのぞいて、18時前にプーノに帰ってきた。
R0020197.jpg

R0020198.jpg  R0020199.jpg

1日ツアーで25ソル(約750円)。
2つの島を回れたし、船から見る景色も超よかったし、安いし、、、充実したね。。
クスコで1日休養して、ティティカカ湖畔の街、プーノに向かった。
プーノまでは10社以上のバス会社が競合していて、俺らは宿の人おすすめのツアーペルーを使った。
R0020122.jpg

プーノまでは7時間。
途中4000m以上を通り、景色は最高だったよ!!
この辺は高地だからどこに行っても景色がいいのがいいね!!
休憩の時には、アルパカと記念撮影。。
ほんとに触り心地がよくて、超かわいかったよ!!

R0020125.jpg  R0020128.jpg

R0020134.jpg  R0020135.jpg

プーノの宿はマンコ・カパック・イン。。
名前だけ見ると、あれですけど(笑)、、、。
マンコ・カパックというのは、インカの初代皇帝で、後に行く太陽の島に降り立って
旅を始めたんだって。。

プーノの街自体には特に見所はないので、、、明日島巡りツアーに行ってきます!!

R0020136.jpg  R0020138.jpg



おまけ。。

クスコからなんだけど、やたらとピザ屋が多い!!
地元料理に比べると、ちょいと高いけど、これがうまいんだよね?!!
観光地だからかなぁって思ってたけどさー、
インカの石造建築の技術を使ってるのか?!どこに行っても立派な石釜があって、さっと焼き上げるから
ほんとにうまいのよ!!
高いって言っても、2人分で500円程度だから、俺らはちょくちょく食べてたなぁ。。

R0020109.jpg  R0020110.jpg

R0020211.jpg
最高だったね?マチュピチュ!!!

ただ、、、足がぱんぱんです・・・。
今日クスコに帰ろうと思ったけど、1日休みます。

マチュピチュ村は、旧アグアス・カリエンテスといい、スペイン語で「温泉」と言う意味らしく、
村には温泉が沸いています。
R0020074.jpg

R0020076.jpg

R0020080.jpg

村もどこか懐かしさが感じられる雰囲気で、温泉に入ってゆっくりするのも楽しみの1つです。
山に囲まれ、川が流れていて、、、ほんと日本の温泉街にそっくりです。
子供も多く、夜遅くまで遊び声が聞こえてきて、1日村でゆっくりするのもありですね。。

R0020069.jpg  R0020068.jpg

R0020073.jpg  R0020088.jpg


温泉は、、、やっぱり海外、水着で入るのは仕方ないんですが、すべて露天で、
景色もよく、いい気分になったよ!!

民芸品マーケットも面白い!!
クスコより安いし、人もいいし楽しめるよ。
R0020070.jpg

あっ!マチュピチュに行く際の注意点が、、、。
マチュピチュはジャングルの中にあるため、得体の知れない虫の宝庫です・・・。
ほんと小さい虫なんですが、、、破壊力恐るべし・・・。
痛く、そして痒く、、、腫れては、痕になる・・・。
虫除けはお忘れなく。。
伝わりますかねぇ??!

マチュピチュの魅力。。

とにかく、、、ご堪能下さい。。

DSC00338.jpg  DSC00357.jpg

R0020033.jpg  R0020039.jpg

R0020044.jpg  R0020058.jpg

R0020048.jpg  R0020052.jpg

R0020059.jpg  R0020062.jpg

DSC00371.jpg  R0020063.jpg

R0020066.jpg
今日は5時起床です・・・。
おっ!雨は上がってる!!
あとは雲が流れてくれれば、、、。

R0019975.jpg

マチュピチュまでは5時半から動くバスで、山道を30分。
入り口でも、まだまだその姿は見せてくれないマチュピチュ、、、。

しかも長蛇の列、、、。
R0019979.jpg

みんな1日限定400人のワイナピチュに登るために列を作ってます。
マチュピチュはワイナピチュとマチュピチュ山の間にあり、その2つの山に登るとマチュピチュが
一望でき、限定400人のワイナピチュが人気らしい。

俺らも400人には入れたが、、、あんまり行かなそうなマチュピチュ山に登ることにした。
ワイナピチュは2600m、マチュピチュ山は2900m、高いほうがいいっしょ!!
登山で渋滞ってのもいやだしね。。

R0020014.jpg  R0019991.jpg

R0020006.jpg

登ること1時間半、やっと頂上へ!!
俺ら以外に2人しか登っていなくて、独占状態でマチュピチュ山の方が絶対いいって!!



で、マチュピチュは?!



・・・・・・・・・・。




なーーんも見えねぇ(泣)。

R0019996.jpg

R0020003.jpg

なんなんですか、この雲、霧達は・・・。
まじ邪魔・・・。
ちょっと待っても雲が晴れる兆しがないのでなくなく下山。
マチュピチュが見えなきゃ、ただの山だぜ(怒)、ほんとに・・・。

下りても雲がなぁ、、、とテンション低めで下りると、、、。


まじ?!

R0020021.jpg

晴れてきてる!!!!

願いが届き、絶景を眺めることができたよ!!



・・・・・・・・。

R0020030.jpg

R0020031.jpg

DSC00349.jpg

DSC00353.jpg


マチュピチュ、ヤバしです、、、。
かっこよすぎです、、、。

ほんとに空中都市。。
ほんとに浮かんでるように見える。。

言葉にならんね、、、。
まじ最高です、、、。

これは絶対行った方がいいよ!!!
さてさて、、、マチュピチュまでどう行くか?!

一般的には電車を使い、マチュピチュ村で1泊して帰ってくるらしいが、、、
その電車がまじで高いらしい!!
電車にはクラスがあり、安いのでも往復$100!!
いやぁ高すぎる・・・。


じゃあどうするか?!


あるんですよね?、行き方が!!!


旅人の情報ってほんとすごい!!
お金はないけど、時間はたっぷりあるバックパッカー的行き方ってのがあるらしいのよ。
電車では3,4時間で行けるところを、10時間以上かかるんですが、、、まず安い!!
片復28ソル(約900円)!!
これは行っとくしかないですね。。
しかも、バスを乗り継いで行き、線路を歩いてマチュピチュ村に向かうってのが、
なんともいい感じらしいしね!!

朝は6時起床。。
で、サンチアゴっていうバスターミナルへ。

R0019953.jpg

ここは地元の人しか利用していないターミナルみたいで、旅行者ゼロでした。

まず向かうのは、サンタ・マリア。
7時半に乗りたかったが、空きがなく8時のバスに乗ることになった。
待ち時間が1時間で、めちゃくちゃ寒いけど、早めに行かないと席がないので注意です。

このバス、15ソルでいけるって情報だったんですが、間違えて30ソルのバスに乗ってしまった、、、
でも15?20ソルで行けるので。。

サンタ・マリアまでは4,5時間で行けるところを、道路工事などで遅れて6時間で到着。
3300mのクスコから4000m以上まで上がり、サンタ・マリアは1200mと気温の変化がすごく、寒かったり、
暑かったりと忙しかったな。。

次は、サンタ・テレサへ。
バスを降りると、コレクティーボ(乗り合いバス)が待機していて、人数が集まり次第すぐ出発。
これは10ソル。13ソルって言われたけどあっさり下がります。
このバスは断崖絶壁を通り、道はゴツゴツした石で、途中パンクもありながらも1時間で到着です。

R0019957.jpg

R0019958.jpg

R0019960.jpg

お次はイドロ水力発電所へ。
ここもコレクティーボが待機してます。
30分で到着。3ソルです。

発電所に到着したときは4時半。。
R0019962.jpg

で、ここからひたすら線路上を3時間弱歩きます。
これがまた軽いトレッキングで、景色も最高だったよ。

山に、川に、滝に、鳥がいたり、、、線路の上を歩くのもなかなかできないし、いい体験だったなぁ。。

R0019965.jpg  R0019966.jpg

DSC00330.jpg

R0019969.jpg

R0019971.jpg

マチュピチュ村の到着したのは7時過ぎで、辺りは真っ暗だった。
うまく行けば、日が暮れるまでに着けるみたいだけど、ヘッドライトはお忘れなく。

マチュピチュのチケットオフィスも8時ぐらいまでやっていて無事ゲットでき、
明日は待望のマチュピチュです!!
R0019978.jpg

でも、、、さっきから大雨が・・・。
晴れてくれぇぇぇ!!!!!
クスコ探索に行ってきた。

アルマス広場を中心に街は広がっていて、カテドラル、教会ばっかです(笑)。

その近くにある12角の石、14角の石ってのがすごかった!!
R0019938.jpg

R0019937.jpg

R0019942.jpg

「カミソリの刃1枚すら通さない」と多くの人に知られるインカの石材建設らしいけど、
ほんとピターッと寸分の隙間もなく積み上げられていた。

4角形でも済ませられるのにあえて12角、14角を使ったのかは不明ですけどね(笑)。。
R0019940.jpg

その後は、トモコが少し気持ち悪くなってきたので、宿に帰って安静にしてた。
明日はマチュピチュへ向けて出発だし、無理は禁物だからね。。

で、意識を高めるためにラピュタを見てたよ(笑)。
空中都市マチュピチュ、ロマンですな?。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。