上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シリアの首都ダマスカスです!!

エルサレムからアンマンに戻って1泊して、清水さんと3人で国境越えをした。
清水さんは70年代から海外に行かれていて、今まで訪れた国なんと、、、85ヵ国!! 
長時間移動もバス!、ホテルもドミ!、遺跡はすべて行き尽すというスタンス!!
現在、73歳というから、恐れ入ります、、、。

国境越えは3人でタクシーをチャーターした!!
出入国はあっさりしたもので、、、でもダマスカスに入ってタクシーが止まった・・・。

「WHY???」
「ヨルダンの車はこれ以上は行けない!!捕まってしまう!!」

だってよ、、、で、ここどこですか??

清水さんは1週間前もダマスカスに来ていて、
「前もここら辺でいきなり降ろされたけど、前回はシリア在住のドイツ人がいたからよかったけど、
 今回は結構手前で降ろされたみたいだよ。タクシーはかなりぼってくるし、市内バスが走ってる所
 まで歩くしかないね、、、。」

まぁしょうがないですな、、、。
とにかくひたすら歩きましたよ(泣)。。

重いバックを背負い、激の熱なか1時間ぐらいかな?!

と、そこに市内バスが!!

降りてきたおじさんに聞いてみると、
「これは違うよ。。」
まじで?!さすがにもう限界ですわ、、、(泣)。

でも、英語があまり通じないのにおじさんが、
「君たちは市街地に行きたいんだよね??とにかくついておいで!少し歩いた所に市街地行きが
 停まるから!!」
と、救いの手を、、、。

海外では怪しい場合も多いんだけど、いろんな旅人からシリアの人は最高だから!って聞いていたから
ついて行くことにした。。

更に歩くこと20分!!

「ここであと5分待ったらバスが来るからね!!」
と言い、おじさんはどこかに、、、。

帰ってくると、キンキンに冷えた水を俺らにくれた。
「いいの??いくらだった??」
と言っても、おじさんは首を振るばかり、、、。

あんなにうまい水は久々だったよ。。

5分後にはバスが来た!!
お金を払おうとすると、ここでもおじさんは
「いいから、早く奥のほうに。。」
「でも、、、。」

扉が閉まって、バスは出発した。

え??おじさんも乗っている?!
おじさんは市街地に行かないはず、、、。

15分くらいして市街地に来た。

「君たちが行きたいって行ってたところはここだよ!!」
この時にはバスはパンパンになっていて、おじさんはちょっと遠めいた。
このまま行くには、、、って顔してたんだろうな。。
優しい顔で俺らのほうを見ながら、
「いいから、、、さあ早く降りなさい。。」
ってウインクしながら言ってくれた。

急いで降りて、ガラス越しに頭を下げてお礼をすると、
おじさんはニコニコしながらずっと手を振ってくれた。。



ありがとう、ほんとに、、、ありがとう。。。



今まで、ちょっとでもいやなことがあると、ここの国は人がねぇ、、、って言ってしまってた気がする。
お邪魔してるのは自分ってことを忘れてさ、、、。

でもいざ、人の優しさに触れると、なんでこんなにも親切に、なんでこんなにも優しくしてくれるの??
ってよくわからなくなって、、、。

すごくうれしかったけど、俺って結局優しさに甘えてるだけなのかも??ってちょっと恥ずかしくなるような
おじさんの優しさでした。。。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinkun0628.blog66.fc2.com/tb.php/174-53262ebe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。