上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローカルバスで6時間、アーグラーに到着!!
ここもリクシャーがうるさい、うるさい!!

旅行者はタージ・マハル近くに泊まるみたいだけど、評判がいいマヤ・ホテルへ。
そこでもタージまで10分以内!

女の子がすきそうな内装のホテルで、3階(最上階)の窓際の部屋、No11に決定!
太陽の光が入ってきて、明るくて、あったかそうで、よさそうな部屋。。
鍵もかわいいしね!
R0013536.jpg

だけどまたつまんないトラブルが・・・。
No11の窓の鍵が壊れていて、1時間で直るから、とりあえずNo8に入って、ランチでも食べててと言われた
ので、ホテル内レストランでランチを食べることにした。
でも、1時間待っても直らず、結局明日ね!ってことになった。
まぁそれならしょうがないかと思って部屋でゆっくりしていると、インド人がNo11に入っていた。
おかしなと思い、レセプションに問い合わせてみると、
「直ってないけど、インド人は気にしないからさ! でも明日は君たちの部屋だよ。」と、
「でもさー何時になるの?」
「チェックアウトが10時だからそのあとかな?」
「それじゃ、、、いつ直すの?」
「9時に出るって言ってたから、1時間で直すよ!約束するよ!」
これ以上言ってもしょうがないから明日10時替えることを約束した。

翌日、、、10時になったので鍵を持ってレセプションに行ってみると、
「今シャワーを浴びているから30分から1時間待ってね!」と、
「おいおい!昨日約束したやんけ!客にも言ってあるんやろ!」
だんだんイライラしてきて、怒鳴ってやったら、
「お前は1時間も待てないのか!うちは1時間ぐらい遅れてもいいんだ!君たちも明日チェックアウトが
遅れても何も言わないさ!!」
「問題はそこじゃないやんけ!昨日の約束はどうなってんねん!!」
「とにかく無理だ!!!1時間後だ!!」
「まあええわ!1時間後やからな!!」
もうバカバカしくなってきた・・・。

1時間後、
「ノックをしてもいないみたいで、いつ空くかわからないからこの2階の同じタイプでいいだろ?」だって・・・。
さっきシャワー浴びてるって、、、昨日からウソばっかやんけ!!!!!
「いいだろ?」じゃなくてまず「ごめんなさい。。」だろ!!
言うのもバカバカしくなってそのまま部屋を替えた。

ほんとつまんないことだ・・・。
なんでああもうそやその場しのぎのいいわけを言うんだろう??
確かにNo11の部屋が気に入った。でも部屋が替われなかったことに怒ったわけじゃない。
手違いで違う人を入れてしまったなら、謝ったらいい。そうまず、謝るべきだ!!!
謝らず、うそばっかで、なめた態度で、、、そこに腹が立ったってことをわかるべきだ!!

ほんともったいなすぎる!いいホテルなのに、、、なんか悲しい気持ちになったよ。。 

その後、道を挟んだところのチャイ屋で気持ちを落ち着かせていたら、(このチャイ屋のおやじがまたいい人!!)
R0013531.jpg
「どこから来ましたか?」と声をかけられた。。
「日本だけど(最近日本人に見られないのでちゃんと言うようにしてる)。」
「横にあるのは私のホテルなんで、そこでちょっと話しませんか?」
またトラブルはゴメンだけど、、、隣だし行ってみた。
ラビーといい、見えないけど俺と同じ28歳。
最新版の地球の歩き方に載ってるホテルみたい。
感想ノートがあったので見せてもらい、ラビーに訳してあげた(簡単な感想だったから俺でもできた)。
インドでいやな目に遭って、インドを嫌いになりそうなところでラビーに会ってインドが好きになったって
いう感想が多かった。
俺も聞きたいことを聞いてみた。
「なんでインド人はうそばっかりつくの??」
「インド人はみんなうそつきません!でも観光名所はビジネスのために、、、田舎に行けばいい人ばかり
です!!」
複雑な顔をしてた。わかってるっていう顔だった。

言いたいことはわかるけど、商売のためにうそをつくのは違う。
商売で大事なのは、「継続、信用」だと思う。
うそをつくってことは騙すってこと。1つ騙すだけで商売はやっていけない。
外国人はお金を持ってるとか、そんなことは関係ない。
そこじゃない。次元が違う。
仕事に、生き方に、自分に、誇りを持ってるかってこと!プライドがあるかってこと!!

いやな、悲しい気持ちのあとラビーに会えてよかったよ。
いろいろ話せてたし、ほんとありがとう。。


観光は、、、タージ・マハルのみ。
早朝がいいってことで6時にホテルを出発!
極寒・・・。
R0013529.jpg

でもでも、、、タージ・マハルはまじですごい!!!
妻のために22年かけて建てた白大理石の世界一豪華な墓。
最強の愛の証ですな。。

写真集。。
西門。朝早くから大行列!
R0013476.jpg
正門。
R0013480.jpg
この眺めが一番綺麗に見える!
R0013486.jpg
朝日が出るまではすごい霧。でもそれが神秘的にタージ・マハルを囲んでいた。
R0013507.jpg

R0013521.jpg
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinkun0628.blog66.fc2.com/tb.php/99-744cb2ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。